Reactというものの存在を知る

前回のあらすじ:
SEをやっているというアカウントにアプリ作成なんて素人は絶対挫折するから言語学習するなと言われTwitterで揉めていたところにシリコンバレーのエンジニアの方から助言をいただく

こんにちは、くみです。 主ブログ(jp.kumi-log.com)の方は情報サイトとして機能するようコンテンツもまとめて書こうと努力してい...

そんな感じでTwitterで見苦しい姿を晒していたところ、
シリコンバレーで活躍されているエンジニアの方(名前を書いていいんだろうか)から、アドバイスを頂いてしまいました。

『UI設計でしたらJavaScriptを(再度)学んでReactができるようになれば、React Nativeでアプリ作れるようになります。
React Nativeを使えばiOSアプリもAndroidアプリも同じように作れるようになるので、おすすめです』

React??

React?? (‘д’)
すみません、初めて聞きました…

  • 私が(10年以上前とはいえ!)既に使用経験のあるJavaScriptがベース
  • iOSアプリもAndroidアプリも同じように作れるので、アプリづくりという最終目標にかなっている
  • Webアプリもできる

というものらしく。
私の今の状況にすごく合っているように思います。

正直ミーハーなので発言する人によって評価が引っ張られる事があるのは認めるんですけど、でも内容だけ見ても「言語学習は絶対に挫折するので諦めて、言語を知らなくてもアプリが作れるアプリで作る」よりはずっと私の求めたい事に近いと思う。

親切にも、参考記事も教えていただきました。

私がJavaScriptを触っていたのは自分が28くらいまで、本格的にごりごりしていたのは22〜23の時なので(それ以降はWebページに多少のインタラクティブ性を持たせるためにパーツをいじっているだけのような状態)、年齢表記だと分かりづらいですね、22って言ったら…えーと…計算するのがイヤだな…まさかの1999年…ウソだろ…

えーと、2000年前後でして…、その頃はjQueryとかも無くてですね…
オライリーの本を頼りに、クライアントサイドで動く検索DBを無理やりJavaScriptで作らされたりしていたのですけど…

jQueryの登場により、これまで JavaScript で書いていた複雑なコードがよりシンプルになりました。 CSS 操作やDOM操作、Ajaxなどの拡張性も非常に便利なものでした。

jQuery学習者にReactも学習してほしい3つの理由と学習方法まとめ|ferret [フェレット]

私 JavaScriptについてはこの文章の前時代の人間なので…
ここに書かれている事、自分が使う対象としての技術として、ぜんぜん知らなくて…

DOM操作…?

………?

となってしまった。
もしかしてjQueryから学習しないといけないのだろうか。確かに前途が多難。

Ferretの方にReactの学習方法がいくつか書いてあったので、まずそちらを見てみる。
その内容が今の自分の知識から乖離していて難しそうであれば、今の時代のJavaScriptの知識から学習し直そうと思います。

あとWordpressのためにPHPも勉強したい所存。

追記:

公式のチュートリアルを見てみたところ、やはりJavaScriptの知識が不足しているっぽいのでJSの復習から始めます。

とりあえずprog-8.comのJSとjQueryを終わらせよう。
今日JSのレベル1と2をやりました。switch以外はなんとなく覚えていた。switch構文は記憶に無いぞ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする